/* 個別追加 */

ベトナム・カンボジア旅行記

タ・プローム寺院で見た崩壊の美学と自然の力強さ ~ベトナム・カンボジア旅行記12~

どうも、こんばんは。団長です。ベトナム・カンボジア旅行記のお時間です。今日は前回に引き続き、シェムリアップでのベルトラさんの現地ツアーの続きの模様をお送りします。今回はツアーも中盤、タ・プローム寺院の観光の模様がメインです。

スポンサーリンク


タ・プローム寺院

タ・プローム寺院は歴史的にはジャアヴァルマン7世が建立した寺院であり、元々は仏教寺院だったそうですが、後にヒンドゥー教寺院として改造されたそうです。なるほど、興味深い。しかし、このタ・プローム寺院ではそんな歴史的背景よりも楽しみたいものがあります。というか、ほとんどの観光客はそちらを楽しみに来ています。たぶん。

その見どころとは経年による崩壊樹木による侵食です。数多くのアンコール遺跡群の中でも、この2つはこのタ・プローム寺院が特化している要素です。よく映画の天空の城ラピュタの世界だと称されますが、まさにそんな様相です。

タンプローム寺院は入り口である西門から本陣までちょっと距離があります。ルート的には林道を通っていく感じです。

IMG_2989
林道

さて、ちょっと歩を進めると中央祭祀が近づいてきました。

IMG_2996
中央祭祀

中央祭祀の周りをチラッと見ると既に崩壊の一端を垣間見ることができます。石に苔むしてる感じも時間の流れが感じられて好きです。

IMG_2991
崩壊の一端

IMG_2999
更なる一端

IMG_3000
一端のアップ

こういう自然崩壊っていかんとも形容しがたい魅力がありますよね。軍艦島でもとても惹かれてしまいました。

ここから先は崩壊にプラスして自然の力強さを感じられるエリアになります。ガジュマルの木が遺跡を食べていると表現されている、侵食の風景をとくとご覧下さい。

IMG_3006
塔に食い込む木

IMG_3017
大蛇に見える木

IMG_3023
血管のように絡まる木

IMG_3030
この迫力

IMG_3029
横からバージョン

遺跡が近年に発見されるまで、悠久の時間をかけてこのような姿になったんだろうなと、感じさせてくれる場所です。なんか、時間が止まってる間隔に陥ります。各写真の形容の内容については、現地でガイドさんに教えてもらったもので、私が考えたものではないと一応お伝えしておきます。。。

アンコール・クッキーで小休止

ここで一旦観光は小休止です。向かうはアンコール・クッキーというアンコール・ワットお土産では超定番のクッキーの本店に向かいます。現地ツアーでは仕方がないことですが、こうやって望む望まないに関わらず、お土産屋がコースに組み込まれていることが多いです。だからこそ、破格の値段でツアーに参加できるので文句は言えませんが・・・

アンコール・クッキー

ただ、このアンコール・クッキーは元々お土産に買おうとしていたので、正直寄ってもらってありがたかったです。会社で配るばら撒き系のお土産として、個包装のものって海外だと結構見つけづらいんですよね。その点、このアンコール・クッキーはおあつらえ向きです。

このアンコール・クッキーについても少し解説をしておくと、日本人の経営者がやっているクッキーで極力カンボジアの素材にこだわって作っているという物です。当然、日本人の舌に合うような味ですし、スタッフのも現地の方ですが日本語が普通に通じるので、色々と安心です。

店内を物色すると定番のクッキー以外にもナッツやコショウ、小物などがズラリと並んでいてお土産選びには非常に良い感じです。ただ、何を思ったかこの時はここで買うよりも安く買える場所があるはずと買わなかった団長さん。この選択が後々彼を苦しめることになりますが、それはまた別の話。

他のツアー参加者が物色している間に隣接してるカフェでマンゴーの生絞りジュースを購入して、待つことに。どうも生絞りジュースにはカイロ空港で半殺しにされて以来、ビクビクなんですがここは大丈夫そうと思って購入です。味は濃厚で美味いです。もちろん、今回は半殺しにもされず。

IMG_3040
右手がカフェ

IMG_3039
マンゴージュース

 

スポンサーリンク

 

カンボジア・ティータイムと昼食

マンゴージュースも飲み終わり、そろそろ昼食かねと団長さんだけでなくツアー参加者も思ったのも束の間、続いてもお土産屋めぐりです。これには他の参加者も虚を突かれたようでした。カンボジア・ティータイムというのも日本人が経営している菓子屋でアンコール・クッキーほどでは無いにしろ、アンコール・ワット土産の定番です。

なので、決してカンボジア・ティータイムが悪いわけではないのです。ただ、いかんせん巡る順番が悪い。ほとんどの参加者が先ほどのアンコール・クッキーでお土産を購入してしまっているため、こちらでは各参加者の購買意欲があまりに低いのです。みんな試食をさせてもらい、店内を一回りして、外のベンチで座って次の出発時間を待つという体勢。うーん。。。なんかかわいそう。と言いつつ、団長さんも何も買っていないのですがね。

で、気を取り直して昼食です。

IMG_3041
昼食はここで

繰り返しですが、昼食もこのツアー料金に込みです。そう考えると、やっぱり破格です。お土産屋を2軒ハシゴしたくらいで文句を言っちゃいけない。

当然ですが、ツアー参加者全員でテーブルを囲みます。団体旅行で社交性の低い団長さんが最も嫌う時間の始まりです。何はともあれ、まずはビールを頼みましょう

IMG_3043
ビール

と、ここからは写真がありません。何故かというと、大皿料理だったからですねぇ。さすがに写真撮るまで手をつけないで待ってくれとは言えず・・・ならシェアされたものを撮影すればとお思いでしょうが、あまりそんな空気にもならず。この大皿料理をシェアっていうのが実に苦手で・・・どれくらい取れば良いかバランス感覚が難しいです。

そして、大抵ツアー客の中では若手のことが多いので、最終的には余って大量に食べさせられるパターンも多い。実にこのやり取りがわずらわしいです。

ただ、この現地集合現地解散系である現地ツアーは、日本から現地までは自力でこれるある程度旅慣れした人たちが集まるので、その点、話自体は聞いてると結構面白い。日本発着のツアーよりも干渉感が少ない人が多いのもポイント高いです。とは言っても結局わずらわしいですけどね・・・

食べたメニューはトムヤムクン的な辛目のスープと肉系の炒め物と魚系の炒め物とデザートにフルーツ・・・だった気がします。多分。

次回予告

昼食を食べ終わり、現地ツアーも後半戦に突入。いよいよ、今回のツアーだけでなく、全体の旅程の中でもハイライトといえるアンコール・ワット観光の模様を次回はお送りします。お楽しみに~


スポンサーリンク

関連記事

  1. ベトナム・カンボジア旅行記

    バプーオンとピミアカナスの狭間でさまよう ~ベトナム・カンボジア旅行記16~

    どうも、こんばんは。団長です。今回は個人でトゥクトゥクを手配したアンコ…

  2. エジプト・モロッコ旅行記

    地獄の移動 to マラケシュ ~エジプト・モロッコ旅行記08~

    どうもこんばんは、団長です。エジプト・モロッコ旅行記も第8回に入り、よ…

  3. エジプト・モロッコ旅行記

    新千歳発関空経由カイロ行き ~エジプト・モロッコ旅行記02~

    どうもこんばんは、団長です。エジプト・モロッコ旅行記の本編が遂に開始で…

  4. 九州旅行記2018

    天高く草生える阿蘇 〜九州旅行記2018〜06

    どうもこんばんは、ループの螺旋階段です。ついに九州旅行記も最終回です。…

  5. ベトナム・カンボジア旅行記

    ホイアンへの行き方! アクセス方法を徹底紹介

    どうもこんばんは、団長です。今回はホイアンへのアクセス方法を紹介します…

  6. エジプト・モロッコ旅行記

    安宿の飯とエジプト考古学博物館 ~エジプト・モロッコ旅行記04~

    どうもこんばんは、団長です。 今回は4000年の歴史を誇るエジプト文明…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

公式Twitter

  1. ベトナム・カンボジア旅行記

    キリング・フィールドの衝撃 ~ベトナム・カンボジア旅行記19~
  2. ベトナム・カンボジア旅行記

    朝焼けのアンコール・ワットとAMのアンコール・トム ~ベトナム・カンボジア旅行記…
  3. ベトナム・カンボジア旅行記

    シェムリアップ町歩き 夜のパブストリート ~ベトナム・カンボジア旅行記17~
  4. 飯ログ

    いっちゃん (広島)~駅ビルでスタンダードなお好み焼きを食す~
  5. エジプト・モロッコ旅行記

    地獄の移動 to マラケシュ ~エジプト・モロッコ旅行記08~
PAGE TOP