/* 個別追加 */

飯ログ

大津漁協直営市場食堂〜漁港で食すあんこうと海鮮丼〜

どうもこんばんは、ループの螺旋階段です。今回は茨城県の北部にある大津漁港内の市場食堂をご紹介いたします。市場食堂は大津漁港内にあり、漁協が直営している食堂です。これで新鮮な海産物が食べられないわけがありません。もちろん、茨城ならではのあんこうも取り揃えられています。

スポンサーリンク


市場食堂について

漁協直営ということもあり、大津漁港内にあります。漁業歴史資料館であるよう・そろーに隣接しているので、市場食堂を目指す際はこちらを目印にするとちょうど良いです。

三連休の初日の昼過ぎに着きましたが、店内は満席です。順番待ちはウェイティングボードに名前を書いて、待つスタイル。

10組程度、前に待っているグループがいましたが、食堂というスタイルかつ規模も大きい店舗であることから回転は非常に早いです。我々も15分程度で入店することができました。

スポンサーリンク

市場食堂のメニューとオーダー

市場ならではの刺身定食や海鮮丼も一通り揃っていますが、気になるのはやはりあんこう

鍋はこの日の夜に水戸のてんまさ食べる予定があるので、ここでは食べません。てことで、ここで食べるあんこう料理はあんこう竜田丼どぶ汁椀をつけたセットにします。


竜田丼&どぶ汁椀

注文するとあっという間にやってきました。これが回転の速さの秘密ですね。


あんこう竜田丼

まずはあんこう竜田丼。ここの竜田丼は竜田揚げをそのままご飯に乗せるのではなく、甘辛ダレをくぐらせた竜田揚げです。この甘辛だれが淡白なあんこうを一気にご飯を進ませるおかずに変化させてくれます。丼を手に持って、ガツガツとかっ込みたくなる一品です。


あんこうどぶ汁

続いてはどぶ汁。「どぶ汁」って字面も響きもお世辞にも綺麗とは言えませんが、それでこそ漁師料理って感じがします。どぶ汁ってのはあんこうのパーツ一式と野菜を煮たもので、水分は野菜から出るもののみという贅沢かつ濃厚な汁ものです。

ポイントとして、あん肝も一緒に煮込んでいることであり、スープが実に濃厚な味わいです。写真からもあん肝が溶け込んでいるのがお分りいただけるかと思います。飲めば飲むほどあんこうが出す味の深みにのめり込まれていくようです。美味い。


海鮮丼

こちらは嫁氏がオーダーした海鮮丼。色々な種類の海産物が乗っていて、いかにも漁港の丼って感じが美しいです。

市場食堂のまとめ

漁協が直営する市場食堂をご紹介しました。全体的に観光客向けであることは否めませんが、それ故の手軽さと漁港ならではの新鮮さが両立されていてなかなか良いです。近くに六角堂という観光スポットもあるので、観光がてら利用するのもありかと思います。

大津漁協直営市場食堂

スポンサーリンク

関連記事

  1. 飯ログ

    満州園(鶴見)~ボリューム満点!ただそれだけじゃない中華料理~

    どうもこんばんは、ループの螺旋階段です。今日はボリューム満点かつ味も良…

  2. 飯ログ

    炭火焼ジンギスカンポッケ(札幌)~美味くてコスパの高いジンギスカン店~

    どうもこんばんは、ループの螺旋階段です。今回はすすきのにあるジンギスカ…

  3. 飯ログ

    大統領(上野)〜昼飲みの聖地でもつ焼きを食らう〜

    どうもこんばんは、ループの螺旋階段です。今回は上野にある超有名店、大統…

  4. 飯ログ

    大衆酒場 PING ~五反田の最高コスパの大衆酒場~

    どうもこんばんは、ループの螺旋階段です。今回は五反田にあるもつ焼きの名…

  5. 飯ログ

    大阪お好み焼き英 〜充実したおつまみと本格フワフワお好み焼き〜

    どうもこんばんは、ループの螺旋階段です。今回は田町にある隠れ家的お好み…

  6. 飯ログ

    長田屋(広島) 〜平和記念公園近くの絶品お好み焼き〜

    どうもこんばんは、ループの螺旋階段です。今日は広島出張の際に利用した、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

公式Twitter

  1. 月末記録

    2019年12月まとめ
  2. 月末記録

    2019年4月まとめ
  3. ポイントサイト全般

    飲食店の予約はぐるなびのネット予約でお得にポイントゲット!
  4. 飯ログ

    炭火焼ジンギスカンポッケ(札幌)~美味くてコスパの高いジンギスカン店~
  5. ベトナム・カンボジア旅行記

    【旅行記目次】そうだカンボジアにいこう ~ベトナム・カンボジア旅行記01~
PAGE TOP